黒板の話 第4章 黒板の種類と機能

目次|第1章 黒板とは第2章 黒板とその仲間達の歴史第3章 黒板の工業規格について
  |第4章 黒板の種類と機能|第5章 良い黒板とは第6章 黒板の取り扱いとメンテナンス

1.黒板の種類と機能

■平面黒板

正面・背面・側面その他
●スタンダードタイプ
●低コスト
●サイズが豊富
●多目的、場所も自由

■曲面黒板

教室の正面・講議室・ホール・扇形ホール
●窓側より採光で文字の見えにくさを防ぐ
●R角の反対側の人が見やすい

■反曲面黒板

教室の正面
●窓側より採光で文字の見えにくさを防ぐ

■1枚スライダー黒板(昇降黒板)

教室の正面・特別教室
●書く人の背の高さに合わせられる
●上下することで、板面を有効に使える
●上に上げることで、なお見やすい

■2枚上下黒板

特別教室・階段教室
●書く面積が広い
●書いた文字を揚げ筆記の時間がもてる
●大きな教室で遠くの人にも見える

■引分黒板

音楽室・視聴覚室
●スクリーンの組み合わせができる
●可動・固定に使い分けができる
●白板との黒板の組み合わせができる
●カガミを組み合わせ発声練習ができる

2.黒板の長所と短所

長所 短所
・グリーン色のため、目が疲れにくく、見やすい
・チョークに馴れている、なじんでいる
・白いチョークで書いた字が見やすい
・歴史的に黒板に先生が馴染んでいる
・マグネットが使え掲示板替わりになる
・水拭きできる(ホーロー製)
・マーカーに比べてチョークの方が安い
・汚れる(手、空気、回り)
・消しづらい(1回でよく消えない)
・黒板消しが汚い
・チョークの粉を吸い込むので不潔
・細かい文字が書きづらい(チョークが太いから)
・書く音がする

2.白板の長所と短所

長所 短所
・きれい(清潔感がある)
・マーカーで書いた色がきれい
・ペンタッチで書きやすい
・掃除が楽
・消しやすい
・高級感がある
・マグネットが使え掲示板替わりになる
・粉汚れが少ない
・光の反射等で目が疲れやすい※スチール製
・油性マーカーを使ってしまう
・字のあとが残る
・粉受けに黒くマーカーのカスが残る
・マーカーキャップの閉め忘れによる無駄も出る
・チョークに比べ高価である
・表面がなめらかなため、すべる
・マーカーカスが服に付着した場合とりづらい